私の運命の人のイニシャル 48才の酉年の人は今年は引っ越ししてもよい

四柱推命の世界では、私の運命の人のイニシャル毎年の運気も重要な役割を担っています。私たちには「変えられないはずの運命に打ち勝つ」力もありますが私の運命の人のイニシャル、そのパワーも運命は知っているのです。
運気に乗って力を蓄えておいたことで、48才の酉年の人は今年は引っ越ししてもよい運の向いていない時期にそれに打ち勝ったというだけの話が多いです。
どうしても避けられない凶事は存在します。
しかもその凶事がなければ幸福も巡ってこないという私の運命の人のイニシャル、対になった存在といえます。重要な相手とのお別れを経験するような年です。
順調だったはずなのに関係が絶たれる私の運命の人のイニシャル、意中の人がいて実りそうだったのにあと一歩のところで失敗する、私の運命の人のイニシャル婚約が破棄されるなどといったことが起こります。ですので48才の酉年の人は今年は引っ越ししてもよい、失恋を経験しても、48才の酉年の人は今年は引っ越ししてもよいそれは決まっていたことなのです。
復縁しようとするよりも、別の相手に切り替えをした方が良縁に巡りあうと考えるべきでしょう。

本当にヤバい私の運命の人のイニシャル 48才の酉年の人は今年は引っ越ししてもよいの脆弱性5つ

年が変わらないうちに違う人を好きになったとしても48才の酉年の人は今年は引っ越ししてもよい、その出会いがスムーズに運ぶようにするにはとても努力しなければなりません。
孤独や悲しみはそのままにしなければいけない時期にきています。この時期を乗り越えた先に新たな相手に巡りあえるのです。
しかしこの年のうちでも私の運命の人のイニシャル、月干星が「偏官」や「正官」48才の酉年の人は今年は引っ越ししてもよい、「偏印」私の運命の人のイニシャル、あるいは「印綬」にあるときには私の運命の人のイニシャル、比較的穏やかな気分で生活できます。
言うまでもないことですが私の運命の人のイニシャル、10年ごとの大運との関わりで運勢は変わってきますので、
四柱推命のおもしろさは判断しかねる部分もあるところにあるのですが、48才の酉年の人は今年は引っ越ししてもよい信じられる私の運命の人のイニシャル 48才の酉年の人は今年は引っ越ししてもよい師を探して大まかな星の動きから細かい結果まで把握できます。